貴方だけの憩いのひと時をCafeふらっとで!
ホーム店長日記
店長日記
店長日記:1062
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | ... 54 次のページ»
2018年08月13日

明日から母のお見舞いを兼ねて北九州市実家に帰省します。

明日の気温を調べたら???!!

最高35度&最低気温28度・だった

...




げげげげ、札幌は涼しいなああ

2018年08月13日
よろしくお願いいたします。


2018年08月11日
​​今年の9月4日でCafeふらっと開店7周年ですーーー、やりました!



何か楽しい事ふらっとを大事ににして下さる皆様としたいのですが




ただ今何をしようかって??企画中でっす・
ふふふーーーふふー♬♬​​​
2018年08月10日
​​​​​桜井 正毅  Masaki Sakurai  2008年 32万円ケース付き​​​
http://keikomama3.sakura.ne.jp/keikomama-huratuto/itakuhanbai/2sakurai/2sakurai.html

​​​委託された方のご好意で大幅値下げいたしました~~~♫​​

桜井ギターお探しの方、お買い得です、ご検討くださいませ。

​​​​​








親しいギター先輩から委託されました桜井ギター2008年です。

持ち主がとても大事に使用されていましたので、ほとんど傷もなくとても美しいギターです。






今すぐにご使用できる良好な状態ですし、音量もあり、バランスもよく

美しい音色のとても弾きやすいギターです。
ぜひ試奏にフラットにお越しくださいませ。



​​​​​【買うなら今!】

河野・桜井ギター8月から値上がりしました!
河野・桜井ギターご希望の方は大変お買い得でいい買い物だと思いますーー。

2018年08月06日
​​​​​​​ハクウンボク(白雲木)の実がなりました~~~♫​​​




マスカットのような緑色の実がなります!



毎年ハクウンボクの実に会えるのを楽しみにしているのです。







そして今日も玄関前のラズベリーのみが鈴なりです~~~!





毎年毎年、植物たちは健気に花が咲き、実をつけるのですね。

これらの木の実が終わる頃には秋の気配が濃くなります。

うーーん、自然ってすごい

人間はどうあれ、どう変われど、変わらず

自然は来りて・・、また去り、また来るのですね。

ちょっと感動しました((笑))


​​​​
2018年08月05日
Cafeふらっと 
河邉俊和バイオリン&佐藤洋一ライブ  

超お勧めライブです!
ビバルディの全楽章です、物凄いプログラムです。
河邉様と佐藤ギタリストのデュオは素晴らしいです。
お聴き洩らしなく、どうぞライブにお出かけくださいませ。



音楽愛好家の皆様、バイオリン愛好家の皆様、ギター愛好家の皆様
管理人の超オススメらいぶであります。
川邊さんのバイオリンは最高です、相方の佐藤ギタリスト様も素晴らしいです。
ぜひぜひお聞き漏らしなくどうぞ!

★日時:平成30年8月19日(日曜日)

★開場 開演  14:30開場 15:00開演 

★ 場所:Cafeふらっと(011-590-1080)

    西区西町北20丁目5-6 地下鉄東西線宮の沢駅徒歩1分

★チケット 4000円 (食事、飲み物、ワイン、ビール&ケーキ付)

ご予約・お問合せ:011-590-1080(吉泉・土曜定休)    

メール:​momokuma@imail.plala.or.jp​(吉泉)

​ 佐藤洋一プロフィール​



1987年 ドイツ・アーヘン音楽大学ギター演奏科を卒業後帰国、江別・札幌を中心に独奏やアンサンブルの演奏活動、レッスンを行っている。

1991年より、平佐修氏とギターデュオチームを結成、「あこるとデュオ・さっぽろ」として演奏活動中。現在までに「汽車に乗って」「案山子の夢」の2枚のCDを発売。
2004年より、札幌市こども人形劇場こぐま座プロデュースによる人形劇制作に参加。「りゅうた・ポチャとくるみの木」、「シンデレラ」、「人魚姫」、「ヘンゼルとグレーテル」の音楽を担当する。
NPO法人「デ・ファルク」では、読み語りと音楽のコラボレーションにおいて「ブレーメンの音楽隊/グリム童話」、「セロ弾きのゴーシュ/宮沢賢治」「りんごの木/後藤竜二」などの作曲と演奏の一部を担当している在京中は鈴木巌氏、アーヘン音楽大学では佐々木忠氏に、その他、在独中にヨーロッパ各地の夏季講習会などでマヌエル・バルエコ、アベル・カルレバーロ、ロベルト・オーセル、ホルヘ・アリサ、ホセ・ルイス・ゴンザレス等に師事した

河邊俊和プロフィール​


 
東京音楽大学を卒業後、渡独。ケルン音楽大学院を首席で卒業。
全日本学生コンクール東日本大会小学生の部第二位。

日本モーツァルト音楽コンクール入選。
フランス クールシオン国際コンクールファイナリスト。

1993〜1995年、九州交響楽団コンサートマスターを務める。

2000年札幌交響楽団に入団。
現在第一ヴァイオリン奏者
​​​​​​​​​​​​​​​
2018年08月04日

​​​アイリッシュハープの世界を・・・ ​​
​​​​田中麻里(アイリッシュハープ)、小松崎健(ダルシマー)、佐藤洋一(ギター)大賑わい~~~♫​​​




まあなんて賑やかなんでしょう、わーーい。
ただいま打ち上げ中ですが、大声を上げないと隣の人の声が聞こえないくらい。...
賑やかなことったら、わーーい2.




​​​

​​ 予約が少なくて少し心配していたのですが、私のリハのレポートUPがあまりに名文だったのか(おいおいおい、へへ)




当日参加のお客様もお見えになり、とてもいいライブになりましたです。











ライブは楽しかったです、大人の演奏ですよね。
なにより演奏者様が演奏をたのしんでいられます。



うん、演奏者様が眉間にシワを寄せてベートーベンのような
マエストロの風貌で演奏されたら、ちょっと窮屈かもですよね((笑)







演奏も、お話も、打ち上げももうルンルンで楽しめました。

やっぱり音楽って最高
お仲間って宝物です

​​​
2018年08月04日
​​​

リハーサル前にコーヒータイム!


アイリッシュハープの世界を・・・ ​​

​​​​田中麻里(アイリッシュハープ)、小松崎健(ダルシマー)、佐藤洋一(ギター)


リハーサル前にコーヒーで一休み。
我が家のラズベリーを味見していただきました。
本番がすごく楽しみです~~~。

まだお席あります、皆様お出かけくださいませね!





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★日時:平成30年8月4日(土曜日)

    14:30開場 15:00開演  

★場所:Cafeふらっと(011-590-1080

    西区西町北20丁目5-6 地下鉄東西線宮の沢駅徒歩1分

★チケット 2000円 (飲み物、ワイン、ビール&ケーキ付)

ご予約・お問合せ:011-590-1080(吉泉・土曜定休)    

  メール:momokuma@imail.plala.or.jp(吉泉)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

​​​
2018年08月03日
​​​​​桜井 正毅  Masaki Sakurai  2008年 40万円ケース付き​​​
http://keikomama3.sakura.ne.jp/keikomama-huratuto/itakuhanbai/2sakurai/2sakurai.html
​​
​​​​​








親しいギター先輩から委託されました桜井ギター2008年です。

持ち主がとても大事に使用されていましたので、ほとんど傷もなくとても美しいギターです。






今すぐにご使用できる良好な状態ですし、音量もあり、バランスもよく

美しい音色のとても弾きやすいギターです。
ぜひ試奏にフラットにお越しくださいませ。



​​​​​【買うなら今!】

河野・桜井ギター8月から値上がりしました!
河野・桜井ギターご希望の方は大変お買い得でいい買い物だと思いますーー。

2018年08月02日
​​​​​​アイリッシュハープの世界を・・・ ​​

​​​​田中麻里(アイリッシュハープ)、小松崎健(ダルシマー)、佐藤洋一(ギター)

★日時:平成30年8月4日(土曜日)

    14:30開場 15:00開演  

場所:Cafeふらっと(011-590-1080

    西区西町北20丁目5-6 地下鉄東西線宮の沢駅徒歩1分

★チケット 2000円 (飲み物、ワイン、ビール&ケーキ付)

ご予約・お問合せ:011-590-1080(吉泉・土曜定休)    

  メール:momokuma@imail.plala.or.jp(吉泉)

 

田中麻里​プロフィール 

 

アイリッシュ・ハープを西村光世氏、坂上真清氏に師事。長澤真澄氏の教えを受ける。
1995年よりティン・ホイッスル&アイリッシュ・フルートの安井マリ氏とアイルランド伝統音楽を演奏するグループ「Irish Maries」を結成、ハープ及びバウロン等打楽器を担当。C.W.ニコル氏のコンサートツアーに参加。マイク真木、ケイコ・ウォーカー、
都留教博、中村由利子、花実 各氏らと共演。各種イベントやライブ、アイリッシュ・パブ、テレビ等で演奏。
2004年~2009年までドイツ・ハンブルグに在住。その間、アイリッシュ・パブ及び
イベントやライブにて演奏、合唱の伴奏等を行う。アイルランドのパブ・セッション
にも参加。ゴールウェイではIrish Mariesにて演奏を行い、好評を得た。
金属弦ハープをStefan Battige、Javier Sainz各氏に師事。アイルランドのキルケニーで行われる「Historical Harp Society of Ireland」主催のワークショップに数回参加。ハープの伝統奏法を学び、Siobhan Armstrong、Ann Heymann、Andrew Lawrence-King各氏の教えを受ける。
Irish Maries、Duo Romerico、 Meets Garden Flower メンバー。Far East Session、ジョングルール・ボン・ミュジシャン、ビス・メロディカに参加。
アイルランド伝統音楽を演奏する他、古楽、ポップスなどのジャンルでも演奏、古楽器、歌やギター他さまざまな楽器と共演を行う。アイリッシュ・ハープ、アイルランドのパーカッションそれぞれの教室を主宰、レクチャーコンサートを行うなど、後進の指導にも意欲的に取り組んでいる。
Historical harp society of Ireland会員、 同日本支部員。
アイリッシュ・ハープ教室、アイルランドのパーカッション教室主宰、
カルチャーサロンJEUGIA川崎、レソノサウンド 講師。

佐藤洋一プロフィール


​​1987年 ドイツ・アーヘン音楽大学ギター演奏科を卒業後帰国、江別・札幌を中心に独奏やアンサンブルの演奏活動、レッスンを行っている。

1991年より、平佐修氏とギターデュオチームを結成、「あこるとデュオ・さっぽろ」として演奏活動中。現在までに「汽車に乗って」「案山子の夢」の2枚のCDを発売。
2004年より、札幌市こども人形劇場こぐま座プロデュースによる人形劇制作に参加。「りゅうた・ポチャとくるみの木」、「シンデレラ」、「人魚姫」、「ヘンゼルとグレーテル」の音楽を担当する。
NPO法人「デ・ファルク」では、読み語りと音楽のコラボレーションにおいて「ブレーメンの音楽隊/グリム童話」、「セロ弾きのゴーシュ/宮沢賢治」「りんごの木/後藤竜二」などの作曲と演奏の一部を担当している在京中は鈴木巌氏、アーヘン音楽大学では佐々木忠氏に、その他、在独中にヨーロッパ各地の夏季講習会などでマヌエル・バルエコ、アベル・カルレバーロ、ロベルト・オーセル、ホルヘ・アリサ、ホセ・ルイス・ゴンザレス等に師事した。​

小松崎 健プロフィール



​1959年生まれ、東京都足立区出身。札幌在住。1986年、アメリカのフォークシンガー、デビット・ホルトの弾くハンマーダルシマーに感動し、独学でダルシマー奏者を目指す。1988年、ケルティックアンサンブルグループHARD TO FINDを結成。89年、ソニーレコーズからデビューした3人編成のバンド「SACRA」へ参加。その後現在まで、様々なジャンルのアーティストと共演。ソロ活動にも力を入れる。2014年朝の連続テレビ小説「花子とアン」の劇中音楽(梶浦由記作曲)でダルシマーを担当し注目を集める​​

​​​​
2018年08月02日

お題目は?(魔笛の主題による変奏曲)・・と日々雑感かな、わはは


昨年のうちから、ギター演奏生涯?の目的として
(魔笛の主題による変奏曲)を弾けるようになりたいと思い
それも完成5ヶ年計画でのんびりと行こう、と、決めたのです。


自分のギター生活で、1年の最大の行事(GWコンサート)があるために
本格的に練習に入ったのは今年の5月連休明けからですが
それから、やや3ヶ月経過し、ようやく最後の章まで来ました。
最後の章まで来たといっても、へへ、まあ、あれです
とろくて、まだまだ譜読みの段階に毛が生えた程度です(きっぱり!)。


ただいまケイコママ45歳ですが(ま、まああ、笑)
出来の善し悪しではなく、下手っぴギター弾きですから、へへ
でも、ここまできた努力だけは自分にみとめて上げたいと思うのです。


お仲間や、デュ相方も、
よくここまで頑張ったーね、
後は5年間の弾き込みダーーと、のたまいます(爆)


頑張った努力を人に認めてもらうだけで心がほっこりとしてきます。
5年後の完成????を目指して頑張るだ。


この頃よく感じ、よく思うのですが
音楽は音を楽しむと書きます、楽しむのですよね。
和声学も、基礎練習も、まあ、才能もですが
全部がギター演奏に必要なのは充分理解できます、が、です
もし、それらが不足している演奏はだめなのか?
音楽ではないのか?心惹かれる演奏はないのだろうか?


世の中のいわゆるギター名人の多くは、我こそと言われる方が多い
ご自分の技術にも、才能にも、知識にも自信をお持の方が多いです
そのこと自体は素晴らしいし、誇らしいことでもあると思うのです。


ただ、ほかの方の演奏を聞いて、こうすればよいのにとか、
ここがすこしたりないよね?とか
演奏される方の進歩を目指してあげ、
演奏が少しでもよくなることを願ってでの指導ではなく
ただ単に、下手だとか、上手くないとか、ETCのご意見?????

長所を見出さず、短所だけを探す辛口の批評が多いような気がします。


自分の演奏にいいところは一つもないのかなあ
と、悄げる友人を見ていると・・・悲しいし、寂しくなります。


あ、私はこの頃(開き直り恵子さん)になりましたので大丈夫みたいですが(爆)
勿論そうでない方も多く居られますから、一概には言えませんね


写真は
30年毎日シャコンヌを弾き続ければ、誰でも絶対に弾けるようになると・・・
ギター名人みことさん、その言葉で私も(魔笛)を練習しようと決めました!

2018年07月30日
Cafeふらっと 佐藤洋一ギターライブ賑やかに終了~♪しました。​​​​



出足は少し悪かったのですが、何だかんだで!当日客のお客様もたくさんお見えになりとても楽しく賑やかにライブが開始しました。



​我が家で取れたラズベリーに練乳ミルクをかけました。美味しかったです。​



珍味先生事、佐藤ギタリスト様はとても朗らかで陽気なご性格
教室の生徒さん方にも大人気で、この日もたくさん駆けつけてくださいました^。



さすがなのは佐藤ギタリスト様のギターの腕前
ほんとに上手い演奏だと思います




美しい音に卓越したギター演奏
みなさんを楽しくさせてくれる話術で
ふらっと店内は笑顔と笑い声が絶えません、わーい・




この日のプログラムは素晴らしい
特に心惹かれたのは、998のプレリュード、フーガとアレグロ
いいなああ、いいわあ、素敵~~と、ミーハーな私です。



遠い昔にほんの少しピアノで練習した悲壮・・・ワンダフル
ショパンもターレガの作品も味わい深く

最高だったのは(あ、、私はです、笑)
アンコールで演奏してくださった、メルツの愛の歌

いやああ、ワンダフル、ビューティフル、うまい演奏だなあ
うっとりと聞きほれてしまいました、いつか私も弾けたらなあ(遠い目、無理だよな、笑)



恒例の!?打ち上げは恒例で超盛り上がりました。
佐藤ギタリスト様のおみやげで!豪華な差し入れが!!
​大トロマグロや、超マグロ、オリーブの実です。​

皆様で賑やかに他美味しくいただかせていただきました~♪



音楽って最高です
クラシックギター、大~~~好きです。


​​​​​​​​​​​​​​​
2018年07月24日

​​​​​​​​​​​​​Singer Hiromiシャンソン&12弦ギターの夕べ  



苦しんでいる人には光の鍵、哀しみの中の人には涙の泉の鍵、
楽しい人にはもっと笑顔の鍵、どんな方にも心の中の何かが開く鍵を届けたい。
心に添える歌い手に・・・・そう語る素晴らしい歌い手Singer hiromiさんのライブです!
 

★日時:平成30年8月26日(日曜日)

★開場 開演  

★ 場所:Cafeふらっと(011-590-1080)

    西区西町北20丁目5-6 地下鉄東西線宮の沢駅徒歩1分

★チケット 2000円 (食事、飲み物、ワイン、ビール&ケーキ付)

ご予約・お問合せ:011-590-1080(吉泉・土曜定休)    

メール:​momokuma@imail.plala.or.jp​(吉泉)

Singer Hiromi



20代に全日本歌謡連盟所属の音楽事務所にスカウトされ演歌・歌謡曲を触れ美空ひばり・ちあきなおみ・高橋真梨子を追い求め、小田純平氏を勝手に師事中。又2009年作家でもありギタリストの高田富世氏との出会いで、シャンソン・ファドなどに新境地を見出していく。シャンソンではバルバラやエディットピアフ、ファドではアマリア・ロドリゲスなどの深い人生観を歌った曲に強く惹かれていく。ファドでは惹かれたように縁をつなげ出逢ったアマリアロドリゲスを伝承していたファディスタ 故月田秀子を師事。 2010年8月,髙田氏の音楽事務所アルビレオミュージックからMeditation~瞑想~でCDデビュー 2014年 8月あした天気になれ他1曲  同年9月あなただから他1曲  共に2曲入りのシングルCDを発売。


​GrTommy 髙田富世 ​





​​作詞作曲家北栄中、開成卒 学生時代から音楽活動をはじめ19歳からジークメント・ハーフナーを結成、バンマスドとして営業なども行い、相当数のナイトクラブでベースボーカルとして活躍。その後ケントスでキーボード、のちにギタリストとしてロック界で生業を持ちながら作家活動を続け、4年前からオリジナルを主とした演奏家に転身。クラシックギター・12弦ギターなどで心地よい音色を魔術のように奏で自身の作品の歌い手Singer hiromiと演奏ツアーを行っている。​​
​​​​​​​​​​​​​​

2018年07月24日
​​​​​​​​​​​​​​Cafeふらっと 
河邉俊和バイオリン&佐藤洋一ライブ  

 演奏者様が変更になりました、ご注意お願い申し上げます。



音楽愛好家の皆様、バイオリン愛好家の皆様、ギター愛好家の皆様
管理人の超オススメらいぶであります。
川邊さんのバイオリンは最高です、相方の佐藤ギタリスト様も素晴らしいです。
ぜひぜひお聞き漏らしなくどうぞ!

★日時:平成30年8月19日(日曜日)

★開場 開演   後日Up

★ 場所:Cafeふらっと(011-590-1080)

    西区西町北20丁目5-6 地下鉄東西線宮の沢駅徒歩1分

★チケット 4000円 (食事、飲み物、ワイン、ビール&ケーキ付)

ご予約・お問合せ:011-590-1080(吉泉・土曜定休)    

メール:​momokuma@imail.plala.or.jp​(吉泉)

​ 佐藤洋一プロフィール​



1987年 ドイツ・アーヘン音楽大学ギター演奏科を卒業後帰国、江別・札幌を中心に独奏やアンサンブルの演奏活動、レッスンを行っている。

1991年より、平佐修氏とギターデュオチームを結成、「あこるとデュオ・さっぽろ」として演奏活動中。現在までに「汽車に乗って」「案山子の夢」の2枚のCDを発売。
2004年より、札幌市こども人形劇場こぐま座プロデュースによる人形劇制作に参加。「りゅうた・ポチャとくるみの木」、「シンデレラ」、「人魚姫」、「ヘンゼルとグレーテル」の音楽を担当する。
NPO法人「デ・ファルク」では、読み語りと音楽のコラボレーションにおいて「ブレーメンの音楽隊/グリム童話」、「セロ弾きのゴーシュ/宮沢賢治」「りんごの木/後藤竜二」などの作曲と演奏の一部を担当している在京中は鈴木巌氏、アーヘン音楽大学では佐々木忠氏に、その他、在独中にヨーロッパ各地の夏季講習会などでマヌエル・バルエコ、アベル・カルレバーロ、ロベルト・オーセル、ホルヘ・アリサ、ホセ・ルイス・ゴンザレス等に師事した

河邊俊和プロフィール​


 
東京音楽大学を卒業後、渡独。ケルン音楽大学院を首席で卒業。
全日本学生コンクール東日本大会小学生の部第二位。

日本モーツァルト音楽コンクール入選。
フランス クールシオン国際コンクールファイナリスト。

1993〜1995年、九州交響楽団コンサートマスターを務める。

2000年札幌交響楽団に入団。
現在第一ヴァイオリン奏者
​​​​​​​​​​​​​
2018年07月24日
​​​​​​アイリッシュハープの世界を・・・ ​​

​​​​田中麻里(アイリッシュハープ)、小松崎健(ダルシマー)、佐藤洋一(ギター)

★日時:平成30年8月4日(土曜日)

    14:30開場 15:00開演  

場所:Cafeふらっと(011-590-1080

    西区西町北20丁目5-6 地下鉄東西線宮の沢駅徒歩1分

★チケット 2000円 (飲み物、ワイン、ビール&ケーキ付)

ご予約・お問合せ:011-590-1080(吉泉・土曜定休)    

  メール:momokuma@imail.plala.or.jp(吉泉)

 

田中麻里​プロフィール 

 

アイリッシュ・ハープを西村光世氏、坂上真清氏に師事。長澤真澄氏の教えを受ける。
1995年よりティン・ホイッスル&アイリッシュ・フルートの安井マリ氏とアイルランド伝統音楽を演奏するグループ「Irish Maries」を結成、ハープ及びバウロン等打楽器を担当。C.W.ニコル氏のコンサートツアーに参加。マイク真木、ケイコ・ウォーカー、
都留教博、中村由利子、花実 各氏らと共演。各種イベントやライブ、アイリッシュ・パブ、テレビ等で演奏。
2004年~2009年までドイツ・ハンブルグに在住。その間、アイリッシュ・パブ及び
イベントやライブにて演奏、合唱の伴奏等を行う。アイルランドのパブ・セッション
にも参加。ゴールウェイではIrish Mariesにて演奏を行い、好評を得た。
金属弦ハープをStefan Battige、Javier Sainz各氏に師事。アイルランドのキルケニーで行われる「Historical Harp Society of Ireland」主催のワークショップに数回参加。ハープの伝統奏法を学び、Siobhan Armstrong、Ann Heymann、Andrew Lawrence-King各氏の教えを受ける。
Irish Maries、Duo Romerico、 Meets Garden Flower メンバー。Far East Session、ジョングルール・ボン・ミュジシャン、ビス・メロディカに参加。
アイルランド伝統音楽を演奏する他、古楽、ポップスなどのジャンルでも演奏、古楽器、歌やギター他さまざまな楽器と共演を行う。アイリッシュ・ハープ、アイルランドのパーカッションそれぞれの教室を主宰、レクチャーコンサートを行うなど、後進の指導にも意欲的に取り組んでいる。
Historical harp society of Ireland会員、 同日本支部員。
アイリッシュ・ハープ教室、アイルランドのパーカッション教室主宰、
カルチャーサロンJEUGIA川崎、レソノサウンド 講師。

佐藤洋一プロフィール


​​1987年 ドイツ・アーヘン音楽大学ギター演奏科を卒業後帰国、江別・札幌を中心に独奏やアンサンブルの演奏活動、レッスンを行っている。

1991年より、平佐修氏とギターデュオチームを結成、「あこるとデュオ・さっぽろ」として演奏活動中。現在までに「汽車に乗って」「案山子の夢」の2枚のCDを発売。
2004年より、札幌市こども人形劇場こぐま座プロデュースによる人形劇制作に参加。「りゅうた・ポチャとくるみの木」、「シンデレラ」、「人魚姫」、「ヘンゼルとグレーテル」の音楽を担当する。
NPO法人「デ・ファルク」では、読み語りと音楽のコラボレーションにおいて「ブレーメンの音楽隊/グリム童話」、「セロ弾きのゴーシュ/宮沢賢治」「りんごの木/後藤竜二」などの作曲と演奏の一部を担当している在京中は鈴木巌氏、アーヘン音楽大学では佐々木忠氏に、その他、在独中にヨーロッパ各地の夏季講習会などでマヌエル・バルエコ、アベル・カルレバーロ、ロベルト・オーセル、ホルヘ・アリサ、ホセ・ルイス・ゴンザレス等に師事した。​

小松崎 健プロフィール



​1959年生まれ、東京都足立区出身。札幌在住。1986年、アメリカのフォークシンガー、デビット・ホルトの弾くハンマーダルシマーに感動し、独学でダルシマー奏者を目指す。1988年、ケルティックアンサンブルグループHARD TO FINDを結成。89年、ソニーレコーズからデビューした3人編成のバンド「SACRA」へ参加。その後現在まで、様々なジャンルのアーティストと共演。ソロ活動にも力を入れる。2014年朝の連続テレビ小説「花子とアン」の劇中音楽(梶浦由記作曲)でダルシマーを担当し注目を集める​​

​​​​
2018年07月24日
今週日曜日はCafeふらっとライブラストは佐藤洋一ギタージョイントライブ


最後はお馴染みの北海の珍味先生こと、佐藤洋一ギタリストのソロライブです。

佐藤ギタリスト様のギターは素敵です。
とても美しく、トレモロなんて涙ぐむほど美しいです!

ギター愛好家の皆様、ぜひお出かけくださいませ。





​★日時:平成30年7月29日(日曜日) ​

14:30開場 15:00開演  

場所:Cafeふらっと(011-590-1080)

    西区西町北20丁目5-6 地下鉄東西線宮の沢駅徒歩1分<

★チケット 2000円 (飲み物、ワイン、ビール&ケーキ付)

ご予約・お問合せ:011-590-1080(吉泉・土曜定休)    

メール:momokuma@imail.plala.or.jp(吉泉)

​​​​​​​​​​​​












1987年 ドイツ・アーヘン音楽大学ギター演奏科を卒業後帰国、江別・札幌を中心に独奏やアンサンブルの演奏活動、レッスンを行っている。

1991年より、平佐修氏とギターデュオチームを結成、「あこるとデュオ・さっぽろ」として演奏活動中。現在までに「汽車に乗って」「案山子の夢」の2枚のCDを発売。
2004年より、札幌市こども人形劇場こぐま座プロデュースによる人形劇制作に参加。「りゅうた・ポチャとくるみの木」、「シンデレラ」、「人魚姫」、「ヘンゼルとグレーテル」の音楽を担当する。
NPO法人「デ・ファルク」では、読み語りと音楽のコラボレーションにおいて「ブレーメンの音楽隊/グリム童話」、「セロ弾きのゴーシュ/宮沢賢治」「りんごの木/後藤竜二」などの作曲と演奏の一部を担当している在京中は鈴木巌氏、アーヘン音楽大学では佐々木忠氏に、その他、在独中にヨーロッパ各地の夏季講習会などでマヌエル・バルエコ、アベル・カルレバーロ、ロベルト・オーセル、ホルヘ・アリサ、ホセ・ルイス・ゴンザレス等に師事した
2018年07月23日
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​立住若菜&鹿野誠一ギタージョイントライブ 大賑わい~~!でした。​​​




鹿野さんのお人柄もありだと思うのですが、満員のお客様に恵まれ
和気藹々のムードの中にライブははじまりました。



この日のプロはかなりハード、観客としてはとても嬉しいけれど
演奏者様は大変だなあ・・」などと思いました((笑)



​立住様のフルートは最高でしたです。​
ご本人はスリムな美人で、とても気さくで優しいお人柄
でも一旦演奏に入ると・・ウーーん、あのパワーはどこから湧いてくるんだろう!
美しいフルートの音と、卓越したテクにワンダフル



CDも出されたそうで、お客様の 皆様が購入されていました。



​今ならサインが付いてくる~~♫、わーい​



鹿野さんはギター会では超有名で、
ギター名人でもあり&私のギターの大大先輩でもあります。
お友達でもあるので、へへ、気軽にお話もしたりするのですが
ほんとうにギターを愛していられるのですね。



それが良く伝わってくる熱い?演奏でした・
もともとギター名人でいられるのに、更にパワーUP

ああ、この日のために猛練習されたんだなあ・・と、頭が下がる思いでした・
素晴らしい演奏、ワンダフルでした。



そして恒例の打ち上げは何時もどおり!恒例で超盛り上がりました。
佐藤ギタリスト様や、先輩のギター御夫妻様がお見え下さり
凄くすごく楽しい打ち上げとなりました。












ギターって、音楽って最高ですね。
​​​​​​​​​​​​​​​​​
2018年07月22日

​​​立住若菜&鹿野誠一ギタージョイントライブいよいよ今日です!!​​​





立住若菜様がお見えになりました。
とても綺麗で優しく感じの良い方ですよ。

...

コーヒーをお出しして休憩中です~~!




今日販売のCDです、私もプレゼントにいただきました、わーーい。




音楽愛好家の皆様、まだ空席あります。
ぜひお出かけくださいませ。

2018年07月22日
​​​​​​​​​​ ​​7月Cafeふらっとライブ 第3陣は

  立住若菜&鹿野誠一ギタージョイントライブです!

 


★日時:平成30年7月22日(日-曜日)

★14:30開場 15:00開演  

場所:Cafeふらっと(011-590-1080)
    西区西町北20丁目5-6 地下鉄東西線宮の沢駅徒歩1分

★チケット 2000円 (飲み物、ワイン、ビール&ケーキ付)

  アアマチュアギタリスト名人鹿野誠一さまと、

美しく華やかな 立住若菜様と のデュオライブです。

立住若菜さまのフルートは残念ながらまだ拝聴しておりませんが

素晴らしい演奏をされると伺いました。

いまから胸をワクワクさせて楽しみにしております。

ギター&フルート愛好家の皆様、ぜひお出かけくださいませね!



​​ 鹿野誠一 プロフィール​​

>


中学3年から独学でギターを始め、旭川北高校時代に故・菱川善夫氏に、
日本福祉大学時代には名古屋市にて石原保之氏に師事。卒業後、福祉関係の職に就いてから楽器は埃を雪クリスタルホール主催の「ウィンターコンサート」に連続出演、また第21回(2009年) 北日本フィル管弦楽団定期演奏会にてソリストとしてギター協奏曲を演奏した。
さらにカムイミンタラホール(上川総合振興局)や三浦綾子記念文学館、あさひかわぶんか小屋、札幌や旭川、富良野の喫茶店、お寺などでのミニ・コンサート、福祉施設などにおけるボランティア演奏など積極的な奏活動をしている。また最近は、詩や小説などの朗読との共演にも取り組んでいる。2011年ギター文化館(茨城県)主催のシニアギターコンクールで2位入賞、2013年3月に開催された日本ギター連盟主催第7回ギターコンペティション全国大会では金賞受賞するなど各種コンクールにもエントリーしている。また、昨年(2016)には、68歳にして旭川市新人音楽賞を受賞し、大雪クリスタルホールで開催された「第20回旭川市新人音楽会」に出演した。​

Flute 立住若菜 Wakana Tatezumi

<">


東京藝術大学音楽学部附属高校、東京藝術大学音楽学部を卒業、及び同大学院修士課程を修了。
在学中安宅賞を受賞。卒業後ウィーンに留学、ウィーンフィル首席奏者故ウォルフガング・シュルツ氏に師事。

東京文化会館、NHK洋楽オーディション等、数々のオーディションに合格し、推薦演奏会、「NHK-FMリサイタル」、NHK-BS番組などに度々出演する。

1999年コンサート・アーティスト・ギルド・コンペティション(New York)セミファイナリスト。 ソリストとしてリサイタルなどの他、オーケストラ、室内楽、フルートアンサンブルなどのクラシックや、ポピュラーのスタジオ録音など、幅広く多彩な演奏活動を展開している。

1997年度バンドジャーナル誌の「ワンポイントレッスン」を一年間執筆。

くらしき作陽大学、作陽短期大学音楽科非常勤講師を2008年3月まで勤める。

インテルメッツォ』、『四季のぽぷり』の2枚のCDを発売。

2016年スペイン・リナレス市『A・セゴビア国際ギターフェスティバル』にて
ギターのハビエル・モレノ氏と共演。コンクール重奏部門の審査員を務める。

現在、東京ニューシティ管弦楽団フルート奏者。

​​​​​​​​
2018年07月22日

​​​​​​​Cafeふらっと 運河のカモメ&Sです~~最高に楽しかったですーー!





健さんのダルシマー、もう凄い、話術も最高にスんばらしい









浜田さんの歌がこれまた素敵なんですよ、

​​​作曲​の才能が物凄く水準高いです、ギターも素晴らしい



そして珍味先生事、佐藤ギタリスト様
相変わらずの凄腕で、聞きほれてしまいます、ギター上手いなあ



ダルシマーの健さんいわく
​​​トリオ名 運河のカモメ&S の別名は 天パートリオ だそうです?​​​​​​​​​​​

3人とも髪の毛がテンパーだそうです、
水にぬらしてテンパーを隠す浜田さんでした(笑笑)



おちゃめさんの天パートリオのお三方ーー(笑)



恒例打ち上げは最高に楽しかったです、私も参加させていただき
ああああああ、写真撮るのわすれてしまいましたあ、がく

本邦初公開??、健さん&浜田さんのNEW ギターデュオ




​​​​
音を楽しむと書いて音楽、うん、まさにまさに

それを地で行くような、音楽を楽しみ、話術を楽しみ、
ハーモニーを心行くまで楽しめるライブでした。
ライブの醍醐味ですねー、わーーい

音楽って最高です。わーい2



    写真一部、ダルシマーの健さんからお借りしました!
​​​​​​​

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | ... 54 次のページ»
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス